彼と喧嘩にならないために気をつけるべきこと

彼のことは好きだけど、なぜか些細なことで喧嘩になってしまうという方も少なくないのではないでしょうか。
喧嘩をするとせっかくのデートなのに楽しくなくなってしまい、お互い不満が募りやがてそれが別れにつながってしまう可能性もあります。
そこで今回は、彼と喧嘩にならないために気をつけるべきことをご紹介します。

 

言葉で伝えないと分からない

彼の何気ない言動にイラっとしたときに、あなたは不機嫌な顔で黙りこんだり拗ねたりしたことはありませんか。
彼はなぜあなたが急に不機嫌になったのかが分からず、お互いイライラして言葉もきつくなり喧嘩に発展します。
自分の気持ちを察してもらおうという考えはやめて、不機嫌な態度をとる前にきちんと言葉で伝えることが大切です。

 

感情的に責めない

彼の帰りが遅かった、約束の時間に遅れたなどで怒りが湧いたときは「なんでこんなに遅いのよ!」と責めたくなるかもしれません。
しかし、彼も謝るつもりだったのかもしれません。
彼に何も言わせずに一方的に責めると、謝るタイミングを逃すだけでなく言い返してしまい喧嘩に発展してしまいます。
冷静に「遅いと心配だし、今度からは必ず連絡をして」などと話すことが大切です。

 

曖昧な言い方や嫌味はNG

彼が他の女の子と話しているときや、自分をかまってくれない時にあなたは寂しい気持ちになってしまうでしょう。
その寂しさをうまく伝えられず、「あの子と仲がいいんだね」など曖昧な言い方で嫌味を言ってしまったことはありませんか。
彼は居心地の悪さを感じるだけでなく「自分は信用されていないのか」と感じてしまいます。

 

おわりに

いかがでしたか。
このように日頃の些細な一言が喧嘩につながっているということは多々あります。
普段の何気ない言動に少し気をつけて、彼と仲良く過ごしてくださいね。


このページの先頭へ戻る